読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来図書

未来食堂の蔵書一覧。画集や写真集などの珍しい本を紹介しています。

ノスタルジア―高梨豊写真集【白色の本11】

先日は、日本中の見慣れているはずなのにどこか奇妙な空気の漂うモノクロ風景写真を紹介しましたが、今回も、日常に潜む異形を撮り上げたカラー写真集を持ってきました。

 

f:id:miraishokudo:20150106145816j:plain
ノスタルジア―高梨豊写真集

 

  『異形』とは書きましたが、日常何気なく見ているものがカメラのレンズを通していびつなオーラを放っている感じです。

f:id:miraishokudo:20150106145821j:plain

 

高梨/豊
1935年、東京・牛込に生まれる。1964年に第8回日本写真批評家協会新人賞を、67年に第5回パリ国際青年ビエンナーレ写真部門大賞を受賞。84年と93年に、日本写真協会年度賞を受賞。91年、第3回「写真の会」賞を受賞。94年、赤瀬川原平秋山祐徳太子と共に「ライカ同盟」を結成。現在、東京造形大学客員教授

Amazon.co.jp: ノスタルジア―高梨豊写真集: 高梨 豊: 本

 

f:id:miraishokudo:20150106145822j:plain

 

f:id:miraishokudo:20150106145818j:plain

 

ノスタルジアというタイトルの通り、見たことはない歪な空間であっても
どこか懐かしさを感じさせます。
白昼夢のような写真は、サイズも大きく全面カラーで良心的です。

f:id:miraishokudo:20150106145820j:plain

 

 本の中に小さなモノクロ作品集が挟まれています。
カラー/モノクロ問わず作品点数も多く、値段を考えてもオススメの一冊です。

f:id:miraishokudo:20150106145817j:plain

 

 

f:id:miraishokudo:20150106145819j:plain

 

 こういう、日常の歪みを切り取った作品が好きです。

 

ノスタルジア―高梨豊写真集


※※ この本に似た作品にリンクします。お好きな次回を選んでください※※
■次回
ノスタルジア』と聞いて何が思い浮かぶでしょうか。
間違いなくそのうちの一つが、このミニチュア写真集に収められています。