読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来図書

未来食堂の蔵書一覧。画集や写真集などの珍しい本を紹介しています。

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)【黄色の本3】

先日は、失恋中の女子に対して『お気は確か?』と辛言をぶつける名作オカマエッセイを紹介しましたが、今回は、そんな失恋を迎える前の、恋愛最高潮の魂をぶつけあう二人の短歌集を持ってきました。

 

f:id:miraishokudo:20150227165227j:plain
回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

 

ある春の日に出会って、ある春の日に別れるまでの、恋愛問答歌。短歌と、そこに添えられた詩のような断章で、男と女、ふたりの想いがつづられる。

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

 

穂村弘さんと東直子さんの短歌が並んでいます。
もともとは単行本の大きな本を持っていました。

f:id:miraishokudo:20150227165222j:plain

 

短歌の間に独り言のような散文も紛れていて、短歌に敷居の高さを感じている人でも気楽に読める作りになっています。

f:id:miraishokudo:20150227165224j:plain

 

単行本はこんなふうにカラーなので、二人の問答が目で分かりやすかったのですが、

f:id:miraishokudo:20150227165221j:plain

 

文庫本は当然白黒。
歌の上に作者別の記号が付いているのですがぱっと見よくわかりません。

f:id:miraishokudo:20150227165223j:plain

 

ですので、こうやって歌頭にカラーペンで丸をつけてみました。
f:id:miraishokudo:20150227165228j:plain

 

ここまで入れ込んだ理由は、解説にあります。
作品紹介には『ある春の日に出会って、ある春の日に別れるまでの、恋愛問答歌』とありますが、
残念ながら凡人には全然分からない のです。

 

短歌一つ一つはいい感じで好きなのですが、この作品紹介を読んで驚いてしまいました。
え?!別れてたんだ?!』って。

そんな凡人にも、文庫本には分かりやすい解説が付いています。
実は別れ方も衝撃的な別れ方だったのですが、そのあたりも読んでいて全く気づけませんでした。

f:id:miraishokudo:20150227165225j:plain

 

初めの "回転ドアに入れない人がいた" って一節は『出会いなんだな』と分かることも出来ましたが‥

f:id:miraishokudo:20150227165230j:plain

 

 

 凡人は、恋愛の魂をぶつけあう土俵にすら立てないのか。。

 

回転ドアは、順番に (ちくま文庫)

※※ この本に似た作品にリンクします。お好きな次回を選んでください※※
■次回
愛を詠み合うといえば、和歌です。

■次回
愛しあう崇高な二人が向かう滑稽な空間、ラブホテルの写真集はいかがでしょうか。