読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来図書

未来食堂の蔵書一覧。画集や写真集などの珍しい本を紹介しています。

ナチュリタ―神蔵美子写真集 【茶色の本3】

先日は静謐で孤独な空間を描いたハンマースホイの画集を紹介しましたが、今回は、静謐でうら寂しいアメリカを切り取った写真集を持ってきました。

 

f:id:miraishokudo:20150106105709j:plain
ナチュリタ―神蔵美子写真集

 

アメリカの人口700人に満たない町、ナチュリタ。
新進女性写真家がそこで捉えた、アメリカの原型。

Amazon.co.jp: ナチュリタ―神蔵美子写真集: 神蔵 美子: 本

 

 白黒、1ページ1枚の写真集です。

f:id:miraishokudo:20150106105710j:plain

 

神蔵美子さんは、女装写真集や自分の過激な恋愛を写真集にするなど
パンチの効いた作家さんとして有名な方だと思います。
(女装写真集については以前にも紹介しました)

  

私がこの本を買ったのは、神蔵さんを全く知らなかった頃です。

そんなに有名な方だとはつゆ知らず、
でもめくるたび、写真にグイグイ惹かれていきました。

f:id:miraishokudo:20150106105711j:plain

 

写真集は、実はあまり買うことはありません。
絵画や立体に比べて、作品として大味に感じてしまうというか、
何千円も出す割には作品数が少なかったり、
作者の力量がよく分からない作品集が多いです(ホント…)。

 

 でもこの写真集は、すごいです。

撮っているのはアメリカの片田舎。
いかに田舎かを引きでわざとらしく表現するでもなく、
日常にあるものを丁寧に切り取っています。

その距離感が、凄い。
大切にしているけれども、あえて近寄りすぎず、切り取る。

今でこそ こういう写真は増えてきたと思いますが(佐内正史さんとか)、
これを1990年に撮っているのが凄い。

今の写真家、佐内さんたちのようにヒネて撮ることもなく(ブラしたりとか)、
まっすぐ正面から撮っています。そこも凄い。
f:id:miraishokudo:20150106105712j:plain

 

 一体どんな写真家なんだろう、、と調べてたら、
自身の恋愛遍歴を作品にしている事を知りました。

「たまもの」は、私小説であり、極めて個人的な写真集です。写真家の神蔵美子さんは、文芸評論家坪内祐三さんと出会い、当時神蔵さんは既婚者、坪内さんは結婚式を一ヶ月前に控えた身であったけれども、式の一週間前に婚約破棄して、二人は結婚します。しかし数年後、神蔵さんは、編集者として有名な末井昭さんと出会い恋に落ちる。神蔵さんには坪内さんという夫がいて、末井さんも既婚者で、所謂「W不倫」なのですが、末井さんは奥さんに「好きな人が出来たので家を出ます」と言って家を出て離婚し、神蔵さんも坪内さんに「好きな人が出来たから家を出ます」と告げます。

痛みと共に生きること ― 「たまもの」 神蔵美子 ― - 花房観音 「歌餓鬼抄」

 

なんだか複雑で頭を抱えたくなりますが、分かります。
こんなに対象を慈しみながら切り取ることが出来る人は、間違いなくモテるはず。

f:id:miraishokudo:20150106105713j:plain

 

「たまもの」でキワモノ作家として有名な感がありますが、
いやいやこの写真集のほうが衝撃を受けました。
未来図書では「ナチュリタ」を採択いたします。


どうしてそんなに男性を夢中にさせるのか、
その証左として、この「ナチュリタ」を眺めてみるのも一興かもしれません。

f:id:miraishokudo:20150106105714j:plain


ナチュリタ―神蔵美子写真集



※※ この本に似た作品にリンクします。お好きな次回を選んでください※※
■次回
アメリカの垢抜けない原風景といえば、スティーブン・ショアー
まるで実家を写真で写したような、気恥ずかしい垢ぬけなさが良いです。

■次回
この写真が撮られた80年代の日本はこんな感じでした。
こんな時代に「ナチュリタ」の持つ静謐な観察眼がすでに存在していたなんて、と
驚きを共感できれば何よりです。