読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来図書

未来食堂の蔵書一覧。画集や写真集などの珍しい本を紹介しています。

建材工場(内田 信平, 西山 輝彦)【黒色の本7】

先日は建築中の月や天体を描いた空想版画絵本を紹介しましたが、今回は建築繋がりで、『建築に欠かすことの出来ない材料』を生む、建材工場の写真集を持ってきました。

 

f:id:miraishokudo:20141224080847j:plain
建材工場(内田 信平, 西山 輝彦)

 

門外不出の製造現場を完全撮り下ろし!建築に欠くべからざる材料が生まれる場所。

Amazon.co.jp: 建材工場: 内田 信平, 西山 輝彦: 本

 

00年代から始まった廃墟ブーム。
小林伸一郎さんの『廃墟遊戯』が発表されたあたりでしょうか。 
廃墟ブームはその後、工場ブーム→アンダーグラウンドブーム(地下巨大実験室や地下鉄など)→ジャンクションブーム→ダムブームと遷り変りをみせています。

 

”普段目にすることの出来ない巨大施設”という括りで言えば、この本もまさにそのジャンル。
建材ごとにジャンル分けされてカラー写真が並んでいます。

f:id:miraishokudo:20141224080848j:plain

 

f:id:miraishokudo:20141224080849j:plain

 

廃墟は好きなのですが、その後のブームには乗りきれていません。
巨大ジャンクションも地下実験施設も面白い…とはおもうのですが、
あまりにもブーム過ぎて私が買わなくてもいいかと思ってしまいます。
JAPAN UNDERGROUNDなんて4巻まで出ているし

 

そんな中でこの本は建材ごとにジャンル分けされていて、「普段見慣れているはずの物たちなのに、はてこれはどのパーツだろう?」とクイズのように楽しめる感じが面白かったので、購入しました。
写真も少し暗い感じに撮っていて、シュールさを増しています。

f:id:miraishokudo:20141224080851j:plain

 

 個人的には、写真の下にキャプションが付いていて欲しかったです。
撮った場所と素朴な感想は巻末に載っているのですが、
写真を見ながら感想を読めればもっと距離が近くなったかと思います。

f:id:miraishokudo:20141224080850j:plain


建材工場(内田 信平, 西山 輝彦)



※※ この本に似た作品にリンクします。お好きな次回を選んでください※※
■次回
海外出版の、工場内部を撮した写真集はいかがでしょうか。「No Mans Land」のタイトルとおり、工場に留まらず実験室など奇妙な部屋の写真であふれています。こちらは写真の説明はほぼなく、謎は謎のまま置かれている感じが良いです。

■次回
工場ではないのですが、日本各地の廃墟を収めた”廃墟遊戯”はいかがでしょうか。てテイストが似ており『廃墟→工場→巨大建築』萌えブームの潮流が分かるかもしれません。