読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来図書

未来食堂の蔵書一覧。画集や写真集などの珍しい本を紹介しています。

アリスの不思議なお店【黄色の本1】

 
先日は謎めいた絵が語り始める物語を自分であれこれ空想する”文章のない絵本”を紹介しましたが、今回はそんな”空想語り”が主人公の、かわいい絵本を持ってきました。
 
アリスの不思議なお店
 
アリスの不思議なお店

 
Amaonのレビューも多いですね。可愛い本なのに価格は3000円と可愛くない(随分前に買ったので改めて確認して驚きました)。
ですが、箱入り、全面カラー、印刷の繊細さを考えると、画集を買うような気持ちで買う作品かなと思います。
 

1996年度ボローニャ国際児童書展ラガッツイ賞受賞。小天使の鈴、チェシャ猫の笑い、空飛ぶ絨毯、白雪姫の靴下留め…誕生日には何が欲しい?古今東西のお伽話から抜け出て来た、世にも稀なる「夢のカタログ」。繊細にして華麗なオブジェと文章で綴る、愛に満ちたヴィジュアル・ブック。

 

誕生日には何が欲しい? お前の父さんは世にも不思議なお店の主人。さあ、それではアリス、お前に見せよう、私のコレクションの数々を。…古今東西のお伽話から抜け出てきた、世にも稀なる夢のカタログ絵本。

 
娘にぞっこんの父親が、何気ない石ころやガラクタを見せて、夢中になるような物語を紡いでいく話です。文章のレイアウトや挿絵の凝った感じが、まさに女子受けといったところです。
個人的に、”ホラ吹きストーリーテラー”の類が大好きです。きっと読書の楽しさの原点なんじゃないかな、と思います。
アリスの不思議なお店

 
アリスの不思議なお店

 
■次回
今回はほのぼのした感じでしたね。次回も”かわいい絵本”つながりで何か持ってこようと思います。次回もお楽しみに。
→次へ進む